黒いボツボツが脇にできてしまった経験はあるでしょうか?

脇にできてしまうと、結構目立ってしまうので恥ずかしいですし、早く治したいですよね。

その黒いボツボツの正体は、埋没毛(埋もれ毛)が原因になっています。

埋没毛(埋もれ毛)とは、自己処理をした際に皮膚が傷ついてしまい、そこがカサブタになって毛穴が塞がれることによって毛が出てこられなくなり、その中で毛が成長して埋もれ毛になってしまいます。

埋もれ毛は中々厄介で、簡単には治らないですので自分で無理矢理とってしまおうとすると、トラブルの原因になってしまいます。

ではどのような安全な処置方法があるのでしょうか?

まずは、埋もれ毛になってしまう原因を探っていき、その原因にあわせた処置方法をご紹介していきます!!

埋没毛(埋もれ毛)の原因は?

埋もれ毛になる原因となるのが、カミソリや毛抜きによる自己処理から埋もれ毛になってしまいます。

まずカミソリを使用した場合、毛を剃っているつもりでもカミソリを使用していたら、皮膚も一緒に削っていることになります。

この時に少し強くカミソリを使用してしまい、皮膚に傷ができてしまいカサブタになって埋もれ毛になってしまうのです。

毛抜きを使用した場合は、毛を抜いてる時に完全に毛が抜けていれば埋没毛にはなりませんが、毛が途中で切れてしまうと埋没毛になってしまう可能性があります。

毛が途中で切れてしまうことで、毛の先端がとがって皮膚の中に入ってしまいそのまま成長を続けることで埋没毛になってしまうのです。

脇の自己処理をする時に、よくカミソリや毛抜きによって自己処理をする方が多くいらっしゃいますので、注意が必要になってきます。

この埋没毛になってしまうことにより、様々な脇のトラブルに繋がってしまうことがあります。

埋没毛(埋もれ毛)によるトラブル

埋没毛が原因で、炎症・毛嚢炎・色素沈着のトラブルになってしまう可能性がでてきます。

これは自分で埋没毛を取り出そうと処置した時になってしまうことがあるのです。

炎症

炎症になってしまう原因として、自身で埋没毛を処理しようと針やピンセットで皮膚から埋没毛を取り出し処置することで炎症になってしまうのです。

皮膚を無理矢理引きはがしてしまうのですから、そこからばい菌が入ってしまい炎症になってしまいますし、脇も汚くなってしまいます。

毛嚢炎(もうのうえん)

炎症になってしまうときに、同時になってしまう可能性があるのが毛嚢炎です。

これは傷口から菌がはいることによって、ニキビのようなブツブツになってしまいますので、見た目的に汚く見えてしまいます。

毛嚢炎も中々治りにくいですので、注意が必要ですね。

色素沈着

色素沈着も、自分で埋没毛を取り出そうと肌を傷つけてしまったときに、色素沈着で黒ずみになってしまいます。

色素沈着は、傷や炎症を起こした時にメラニンが生成されますので、そのメラニンの働きによって色素沈着になってしまいます。

色素沈着になるということは、脇が黒ずみになってしまいきたなくなってしまうということです。

埋没毛(埋もれ毛)の処置方法

では埋没毛になってしまったらどのような処置をしたら正しいのでしょうか。

脇にできてしまったら、綺麗ではないですので早く治したいところですよね。

埋没毛の処置方法は様々な方法がありますので、自分に合った処置をおこなってみてください。

ケア用品を使用する

埋没毛を自身で処置したい場合は、肌を柔らかくして角質を取り除けるケア用品を使用すると効果的です。

ボディスクラブピーリング石鹸を使用して、肌の角質を除去してターンオーバーを促すことで、埋没毛が徐々に皮膚からでてきます。

この方法は、基本的に時間がかかりますので、ある程度の我慢が必要です。

ケアをしていて、ちょっと毛がでてきたから抜いてみようなんて考えて抜いてしまっては意味がありません。

これらのケア用品を使用する時に注意が必要なのが、優しく肌に使用することです。

スクラブの使用方法

埋没毛をだそうと、スクラブなどをゴシゴシ擦ってしまっては、肌にダメージを与えてしまいます。

使用する際は、お風呂で肌を温めて柔らかくして、優しく撫でるように使用しましょう。

スクラブの使用は、油分を洗い流すことですので毎日は使用せず週3日程度の頻度に抑えて使用してください。

乾燥肌や敏感肌の方は、スクラブによってトラブルになってしまうことがありますので、自身に合っているのかよく確認して肌に優しいものを使用しましょう。

使用したあとは、ボディクリームなどの保湿ケアを忘れずに使用してアフターケアしてください。

ピーリングの使用方法

ピーリングは、古い角質を弱い酸で溶かしてくれて、新しい皮膚が再生するのを促してくれます。

埋没毛の処置にもいいのですが、ニキビ・シミ・小じわにも効果があります。

ですが、こちらもやりすぎるとトラブルの原因になってしまいますので、週2回程度に抑えて使用しましょう。

ピーリングの成分が肌に合わなくて赤みなどのトラブルが起こってしまう場合もありますので、その場合はすぐに皮膚科などの病院にいってください。

ドラッグストアなどで、ピーリングジェルやピーリング石鹸など売っていますので、気軽に買えるのですが自身合っているのか、よく確認して購入するようにしましょう。

埋没毛を放置する

埋没毛を放置しておくのも、埋没毛を処置するのに効果的です。

毛は毛周期の関係で勝手に抜けていきますので、放置していれば肌の代謝によって勝手に外にでてきてくれます。

自身で肌を傷つけることがないので、炎症や毛嚢炎にならないので安心できますね。

時間は結構かかってしまい、その間見た目的には綺麗ではないのですが、気にならない人は放置して勝手になくなっているのを待つといいでしょう。

稀に、放置をしていて炎症などのトラブルが起こってしまう可能性もありますので、本当はなんらかの処置はしたほうが、トラブルにならずに済むでしょう。

脱毛サロンで脱毛する

脱毛サロンで、光脱毛をすることによって埋没毛を処置することができます。

光脱毛はメラニン色素(黒色)に反応する光を当てて脱毛していくのですが、これは埋没毛にも有効なのです。

早く埋没毛を処置したいという方に、オススメの処置方法で早く綺麗に治すことができます。

脱毛サロンに行く上で、注意が必要なのがすでに色素沈着しているかどうかです。

色素沈着してということは、黒ずみができてしまっているということで、色素沈着してしまった部分に光が反応してしまい肌にダメージがいきますので、脱毛サロンによっては、処置してくれない場合があります。

ですので、なるべく埋没毛をいじらずに放置しておき、早めに脱毛サロンにいって処理してもらうといいですね。

皮膚科に行く

皮膚科に行って埋没毛を処置してもらう方法もあります。

この方法でしたら、医師が診察してくれますので適切な処置をしてくれて、早く治りますし安心できるでしょう。

なにかとトラブルなど不安がある方は、皮膚科にいくのが最善の方法になってきますね。

最適な自己処理方法は?

もし脱毛サロンに行っていても、初めのうちは毛が生えてきますので、自己処理をする必要がでてきます。

その時に、カミソリや毛抜きを使用することで埋没毛になる可能性がでてくるのですが、ではどうしたらいいのでしょうか?

そこで使用してほしいのが、電気シェーバーでの自己処理方法です。

電気シェーバーは、カミソリや毛抜きよりも肌への負担を大幅に軽減してくれて、肌に傷をつけることがないですので、埋没毛を事前に予防してくれます。

特に脇はデリケートな部分ですから、余計に電気シェーバーでの自己処理をオススメします。

自己処理をする時は、肌を温めて柔らかくしてしっかりとシェービングクリームを塗ってから優しく毛を処理するようにしましょう!

自己処理後は、保湿がとても重要になってきますので、保湿することを忘れないようにしましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

脇を綺麗にしたいのであれば、脱毛サロンにいって脱毛することが一番いいです。

まず埋没毛になる心配もありませんし、綺麗な脇を手に入れられますので、トラブルになることがありません。

現在脱毛サロンではとてもお得なキャンペーンで、安い料金で脇脱毛をすることができます。

もし悩んでいるのでしたら、無料のカウンセリングに行ってみて考えてみるのがいいんじゃないでしょうか。

埋没毛にならずに、綺麗な脇を目指して頑張ってください♪

脇脱毛でおすすめの脱毛サロン

ミュゼプラチナム

半額
料金 通える回数 脱毛方法 脱毛効果 接客
300円 無制限 S.S.C.方式

『脱毛ならミュゼ』と言っても過言ではないくらいミュゼの認知度は高く、会員数299万人と1番人気の脱毛サロンです。

ミュゼは特に脇脱毛に力を入れていて、毎月のように低価格で通い放題のキャンペーンを開催しています。

ジェイエステティック

両ワキ12回
料金 通える回数 脱毛方法 脱毛効果 接客
600円 12回 独自開発

ジェイエステは創業38年の実績を持ち、全国に100店舗以上を展開している脱毛サロンです。

ジェイエステの脇脱毛には5年間保証が付いていて、脱毛終了後に再度毛が生えてきたとしても、無料で施術してくれるのが嬉しいですね。